絞り

【英名】diaphragm

カメラレンズを通過する光の量を調節する機構のこと。複数の板で構成されており、開くほど通過する光の量が多くなり、絞るほど光の量が少なくなる。絞りの程度を示す単位としてF値を用いる。絞りを1段開けると光量が倍になり、F値は小さくなる。絞りを1段絞ると光量が半分になり、F値は大きくなる。

Ranking今週の人気記事

Findキーフレーズから探す

Top