予備動作

【英名】anticipation

ディズニー・スタジオでスーパーバイジング・アニメーターを務めたフランク・トーマス、オーリー・ジョンストンが共著書『Disney Animation / The Illusion of Life』(1981)のなかで紹介したアニメーション12の基本原則の1つ。人間が何らかの動作を開始する直前に逆の動作をすること。例えば高くジャンプする直前の深く腰を沈める動作などが該当する。キャラクターに予備動作をさせると、動きにリアリティが生まれ、メインとなる動作が引き立つ。

Ranking今週の人気記事

Findキーフレーズから探す

Top