ノーマルマッピング

【英名】normal mapping

法線マッピングともよばれる。テクスチャ画像の情報を使い、平板なモデルの表面に凹凸があるかのように見せる手法。陰影情報が記録されたRGB画像を用いて、モデル表面の法線(normal)を変化させることで凹凸を表現する。基本的な効果はバンプマッピングと似ているが、より精密な凹凸を表現できる。少ないポリゴン数のモデルに、高密度のポリゴンモデルから生成したノーマルマップを適用することで、レンダリング負荷の低減と複雑なディテール表現を両立できる。ZBrushなどの3Dスカルプトツールでモデルの細部をつくり込み、その情報を法線マップに変換して使用する場合が多い。ただしあくまで擬似的な凹凸のため、モデルの輪郭は変化しない。

Ranking今週の人気記事

Findキーフレーズから探す

Top