スペキュラ

【英名】specular

鏡面反射光(specular reflection light)ともよぶ。3DCGモデルにマテリアル(材質)を設定するための要素の1つ。モデルの表面に当たった光のうち、光の入射方向とは反対方向へと反射する光を計算する。モデルのハイライトはスペキュラを使って設定する。なお、スペキュラによるハイライトの見え方は(1)光源(2)モデル(3)カメラ(視点)の位置関係や、モデルの表面の凹凸状態によって変化する。

参考画像

▲ハイライトの大きさや強さを変えることで、3DCGモデルの質感を表現できる。【左】小さく鋭いハイライトをもつモデルはガラスのように見える/【中】大きく強いハイライトをもつモデルは金属のように見える/【右】ぼけた弱いハイライトをもつモデルはゴムのように見える

作例提供:林田宏之氏
作例初出:『CG&映像しくみ事典 第二版』(2009)

Ranking今週の人気記事

Findキーフレーズから探す

Top