イメージベースドライティング

【英名】Image Based Lighting

IBLと略すこともある。実在する風景の写真や高精細な画像をライティングの色情報に使用して、シーンをレンダリングする方法。広いレンジの明るさ情報を記録できるHDRIを用いることで、自然な光と陰影を表現できる。ミラーボールなどを使って現実世界を撮影した写真をライティングに用いると、実写によくなじむCGを制作できる。そのため、特に実写合成で多用されている。

Ranking今週の人気記事

Findキーフレーズから探す

Top