アニソトロピック

【英名】anisotropic

異方性反射ともよぶ。3DCGモデルにマテリアル(材質)を設定するための要素の1つ。表面に溝のある物体は、溝の特性や溝の方向に応じて、異なる方向に光を反射させる。例えばCDやDVDの表面には無数の溝が刻まれており、入射した光を異なる方向に反射させるため、見る角度によって様々な色に見える。アニソトロピックは、このような方向性をもった反射を表現するために用いられる。

参考画像

▲ハイライトを異方性反射させている。反射の方向はUV座標などを使って指定する

作例提供:林田宏之氏
作例初出:『CG&映像しくみ事典 第二版』(2009)

Ranking今週の人気記事

Findキーフレーズから探す

Top